Study abroad

高校留学をするメリットとは

留学生

みなさんの中にもこれまに高校留学をするメリットについて考えた事がある人は多いと思います。ですが、多くの人は高校留学をしないで留学も大学に入ってから留学をすれば十分だと思っています。
確かにそういう風に考える気持ちは理解できます。でも実際は同じ留学するなら大学に入ってから留学するよりも高校留学する方が生産的です。その理由は簡単でそもそも留学する一番の理由はその現地の言葉を話せるようになるバイリンガルになる事にあります。
それを大学に入ってするのか高校段階でするのかの差は大きいです。そしてその結論はもちろん高校の段階で留学をした。良いに決まっています。その理由は簡単で語学を勉強するなら早いに越した事はないからです。
ですからどちらにしても自分のお子さんを語学留学させたいと思っているなら大学留学よりも高校留学の方が良いです。それで思った以上に現地の言葉の理解が早くなると思います。
なので自分のお子さんが高校留学を臨んだ場合は金銭的にきつい場合を除いてはお子さんが積極的に高校留学を望む場合は行かせてあげて欲しいと思います。もちろん無理ならどうしようもないですが可能なら早い段階で行かせてあげるのがお子さんのためになります。

高校留学と優等生

高校留学と聞くと頭の良い優等生が行う事と思われますが、誰にでもチャンスがあるシステムとなっています。主に大学生が行う事が多いかと思われますが、高校生にても行う事があるのです。
そんな高校留学におけるメリットについて掲載していきます。まず若い内からネイティブな英語に接する事が出来る点です。日本国内では小学校から英語を取り入れた授業が行われており、コニュニケーション能力や読解力を高めていますが、授業で習う英語で実際に会話を行っても相手に通じる事がほとんどありません。外国にも日本のように地方によって「訛り」があり、その地域にあった言葉があるのです。その為、留学を行い実際にネイティブな言葉に触れる事によってコミュニケーシュン能力が付いてくるものなのです。
次にその国の文化に触れる事だ出来る点です。日本国内においても海外の食や芸能に触れる事は珍しい事ではありませんが、やはり本場の環境や味、文化に若い内から触れる事でこれから先の視野拡大に繋がっていきます。高校留学には多くのメリットがあります。若ければ若いほどさまざまな事に触れる事で自身の可能性を高めてくれる事に繋がってくるので経験する事をお勧めしたいです。

高校留学をする際に考えられるメリット

英語圏の国への高校留学をする際に考えられるメリットとしては大きく分けると以下の3点が上げられます。
1)英語を英語で理解することができるようになります。高校留学先の学校の授業についていくためには実際に翻訳をしている時間はありませんし、課題をこなすためには英語を英語で理解しなければ課題もこなせません。言語と文化はひとくくりですので、どの言語も完全には翻訳できませんし、高校留学中は英語を英語で理解することで、実用的な語学力が養成されます。
2)授業のみならず、私生活でも個人の意見を聞かれる機会に遭遇することが多々ありますので、人に納得してもらうためには論理的に説明する力が求められます。 日本と比べ、留学先の学校では教師から意見を聞かれることが多々ありますので、周囲の同世代が論理的に話をしている姿を肌で感じ、自身のコミュニケーション 力を磨く必要性を感じます。
3)異文化を肌で感じることができ、色々な国の人と接することで、自分と他の人を比較し、日本人とは何か、日本文化とは何かという事を考えるようになり、日本人としてのアイデンティティーに触れることができます。文化が異なる人と自分とは何が異なるのか、そして、異なる文化を持つ人とどのように接することが大事なのかということを学びます。これが国際感覚を身につけるという意味であり、国際社会で文化が異なる人と仕事をしていく際に必要なスキルになります。

なかなか大人になってからは留学というものはしづらいので、高校生のうちに留学するというのは非常に有意義なものでしょう。高校留学で得た経験や知識というのはその後の人生で大きく役に立つことが往々にしてあるので、自分の人生を充実したものにしたいと思っているなら高校留学はぜひともしておくべきではないかと思います。

article

高校留学はどういう条件で選ぶのか

多くの人種が集まっている国がありますが、いろいろな人と交流ができます。そして美術館が多いイギリスは、芸術面を磨けるチャンスがあります。…

詳細を読む

海外の学校との違いを高校留学で体験

海外の高校を卒業したら、そのまま現地の大学に入ったり就職する方が多いです。帰国し日本に大学に行くなら、帰国子女特別入試という枠を活用し…

詳細を読む